MAスキャルピング手法研究所【FX手法公開】 | 10万円からのFXトレードで稼ぐ
FX専業トレーダーブログ

先週のFXトレード結果集計

先週のMAスキャルピング手法でのトレード結果は、
2回エントリー 2勝0敗0分け +50.0pips となりました。

先週は前半、上手く波に乗ることができましたが、後半はほとんどチャートを見ることができずでチャンスを逃した感が強い終わり方でした。今週は中国株の状況で大きく展開が動く可能性がありますが、ドル円は底堅く、ユーロドルは上値が重い印象ですので、基本的にはドル高の再燃に注目でしょうか。

スポンサードリンク

 

7月6日(月)~7月10日(金)先週の高・安値と値幅

USDJPY

高値122.928 7月 6日(月)
安値120.408 7月 8日(水)
値幅252.0pips (1日での最大値幅215.5pips、最小値幅87.5pips)

EURUSD

高値1.12159 7月 10日(金)
安値1.09151 7月 7日(火)
値幅300.8pips (1日での最大値幅186.2pips、最小値幅118.7pips)

ギリシャの国民投票結果を受けてドル円、ユーロドル共に大きく下窓を空けてスタートしましたが、一旦下値を試した後、大きく戻す展開になりました。しかし、MAスキャルピング手法にとっては分かりやすい展開のときが多くあったようです。

 

7月13日(月)~7月17日(金) 今週注目される重要経済指標

7/13(月)

中国 6月貿易収支
08:01(英国)6月ライトムーブ住宅価格
13:30(日本)5月鉱工業生産・確報値
13:30(日本)5月第3次産業活動指数
27:00(米国)6月財政収支

7/14(火)

日本 日銀金融政策決定会合(-15日)
10:30(オーストラリア)6月NAB企業信頼感
10:30(オーストラリア)6月NAB企業景況感
15:00(ドイツ)6月消費者物価指数・確報値(前年比)
17:30(英国)6月消費者物価指数(前年比)
17:30(英国)6月小売物価指数(前年比)
17:30(英国)6月生産者物価指数(前年比)
18:00(ドイツ)7月ZEW景気期待指数
18:00(ドイツ)7月ZEW現況指数
18:00(ユーロ圏)6月ZEW景気期待指数
18:00(ユーロ圏)5月鉱工業生産
21:30(米国)6月小売売上高
21:30(米国)6月小売売上高(除自動車)
21:30(米国)6月輸入物価指数
23:00(米国)5月企業在庫

7/15(水)

日本 日銀金融政策決定会合結果公表
11:00(中国)4-6月期GDP(前年比)
11:00(中国)6月鉱工業生産(前年比)
11:00(中国)6月小売売上高(前年比)
11:00(中国)6月固定資産投資(前年比)
15:30(日本)黒田日銀総裁、記者会見
17:30(英国)6月失業率
17:30(英国)6月失業者数
17:30(英国)5月ILO失業率(3カ月)
20:00(米国)MBA住宅ローン申請指数
21:30(米国)7月NY連銀製造業景況指数
21:30(米国)6月生産者物価指数
21:30(米国)6月生産者物価指数・コア
22:15(米国)6月鉱工業生産
22:15(米国)6月設備稼働率
23:00(米国)イエレンFRB議長、発言
27:00(米国)米地区連銀経済報告(ベージュブック)

7/16(木)

07:30(ニュージーランド)6月企業景況感(PMI)
07:45(ニュージーランド)4-6月期消費者物価指数(前年比)
08:50(日本)対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベース)
12:45(日本)5年国債入札(2兆5000 億円)
18:00(ユーロ圏)6月消費者物価指数(HICP)・確報値(前年比)
18:00(ユーロ圏)5月貿易収支(季調前)
21:30(米国)新規失業保険申請件数
23:00(米国)7月 フィラデルフィア連銀製造業指数
23:00(米国)7月NAHB住宅市場指数
23:00(米国)イエレンFRB議長、発言
29:00(米国)5月対米証券投資

7/17(金)

18:00(ユーロ圏)5月建設支出
21:30(米国)6月消費者物価指数
21:30(米国)6月消費者物価指数・コア
21:30(米国)6月住宅着工件数
21:30(米国)6月建設許可件数
23:00(米国)7月ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値

スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    体験してみればわかる使いやすさで、よりよくするために進化しているのを感じます
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    通常時のスプレッドが狭く、重要指標発表時でも他社ほどガバっと開かないのが魅力です
  3. マネーパートナーズ
    FX業者のマネーパートナーズ
    約定力やハイスペックな取引環境が抜群で東証一部上場企業につきいざというとき安心です