MAスキャルピング手法研究所【FX手法公開】 | 10万円からのFXトレードで稼ぐ
FX専業トレーダーブログ

兼業トレーダーの良さと専業トレーダーの怖さ

私がFX兼業トレーダーでいる理由

普段、面白くもなんともないFXトレード記録ばかり書いていますので、今回は少し違うことを書いてみます。私は自己紹介ページにもありますようにFX兼業トレーダーです。決してFXが本業ではなく主となる仕事は別にあります。

本業は何かというと、不動産経営です。アパートやら貸店舗やら駐車場の賃貸業ですね。不動産経営は不労所得で楽な商売と思われがちですが、意外とやることがありますし、収入が不安定になることもあります。常に抱えているリスクは修繕費などの大型支出と空きが出たとき、次の契約者が決まるまでのブランクですね。意外と連鎖的に修理や空きが発生したりするので左団扇で高笑いというわけにはいきません。まあ、普通に生活していく分には問題ない程度ですね、収入的には。

FXトレードに関してはあくまでも副業的な感じでやっています。私のトレード記録を見て分かるように毎日トレードすることは稀ですし、一日のトレード数も多くて3回程度です。基本的に分かりやすいと思えるチャートパターンのときにしかトレードしません。決してお遊びでやっているわけではありませんが、FXの損益は増えても減ってもあまり気にならない感じです。

もしこれがFXトレードが主な仕事だとしたらこうはいかないでしょう。日々、収益を上げることが絶対条件になりますし、自分の気持ちに関係なくトレードを繰り返さなければなりません。

このブログを読んで頂いている方の中にもFXの専業トレーダーを目指している方がいるかもしれません。もちろん、個人個人で状況が違うので一概には言えませんが、FX専業トレーダーとして稼ぎ続けることは想像以上に難しいことなのは理解しておくべきだと思います。

スポンサードリンク

 

FX専業トレーダーを目指す人に言っておきたい事

FX専業トレーダーになれば人間関係で悩むこともありませんし、上手くいけば多額の利益を手に入れることができるかもしれません。

しかし、5年や10年といった長期間を通して通算損益が生活費を賄えるほどプラスで推移できる人は、極めて稀であることを知っておいた方がいいでしょう。

1年や2年で億トレになる人がたまに出現しますが、ほとんどの人がまぐれで勝てただけでトレード技術や資質など、しっかりとした裏付けがあって勝っている人はまずいません。

もうひとつFX専業トレーダーを目指す人に言っておきたいことは、挫けたり諦めたりしたときに次への対処ができるのかということです。

どんなことにしてもプロになるには時間が掛かります。FXのプロになるとしたら最低1万時間はチャートに向かい合って手法の構築や確率の検証、マイルール作りなどをする必要があるでしょう。1日15時間チャートを見続けるとしても約666日掛かります。年間の営業日を250日とすると約2年半掛かることになります。兼業FXトレーダーからスタートして専業を目指すのならその数倍は時間を要するはずです。

しかし、これだけ時間を費やして努力してもFXトレードの収益だけで生活できる保証は何もありませんし、勝ち続けられるかも分かりません。

問題はFX専業トレーダーとして通用しないことが分かった時です。運よくFX開始当初の証拠金が残っていればまだ幸運なのですが、諦めるということは大半の人が資金を失っていると思われるからです。

貯蓄があればまだつぶしが利きますが、お金が無い上に専業トレーダーとして活動していた空白の期間を作ってしまうとその後の人生に対する悪影響が非常に懸念されます。

ちょっと長くなってしまったので今回はこの辺で止めておきますが、FX専業トレーダーを目指すことは簡単だが長期に渡って生活できるような通算収益を上げることは非常に難しいことと、引き際とその後の身の振り方をしっかりと考えておかないと人生を棒に振るよというお話でした。

スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    体験してみればわかる使いやすさで、よりよくするために進化しているのを感じます
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    通常時のスプレッドが狭く、重要指標発表時でも他社ほどガバっと開かないのが魅力です
  3. マネーパートナーズ
    FX業者のマネーパートナーズ
    約定力やハイスペックな取引環境が抜群で東証一部上場企業につきいざというとき安心です