MAスキャルピング手法研究所【FX手法公開】 | 10万円からのFXトレードで稼ぐ
FX専業トレーダーブログ

大イベント連続のFXトレードで儲けるには

ECBにNFP、FOMCで儲ける

注目の12月になりました。まずはECB政策金利発表とドラギECB総裁の記者会見ですね。ゴールドマン・サックスでは1.03までユーロドルが下落すると予想しているようです。

直近のユーロドルは安値を切り下げながらの揉み合いになっていますが、100~150pips戻すこともあり相当、見極めながらでないと利益を上げるのは難しそうに見えます。私なんかの浅はかな見立てで、上下の波を獲ってやろうとトレードしていたら確実にやられまくって大損していたでしょうね。

ドル高一辺倒の考え方でユーロドルショートを握りっぱでいれば今頃はウハウハだったかもしれませんが、果たしてあの強烈な戻しの連続に耐えられたかどうかは不明です。

今夜のECB会合でサプライズが出るのかどうか。サプライズ無しでユーロドルは大幅に戻すと考える向きも多いようですし、ゴールドマン・サックスのように下落すると読む向きも多そうです。ただ、あれだけ盛大にリークしましたし、市場の期待を上回るのは難しいかもしれません。果たしてどうなるのか?しっかり見届けたいと思います。

私の勝手な予想は大きめに上下に振れた後に元に戻るです(指標をターゲットにしたユーロのポジションは持ちません)。SNBも追従するかもしれませんのでスイスフランにも注目ですね。

スポンサードリンク

 

ドル円は今年の高値を目指すのか

今週末にはNFP(米国雇用統計)とFOMCもあります。FRBのイエレン議長が改めて利上げに言及したようですし、NFPの結果次第では更なるドル高になるかもしれませんね。逆にNFPが悪くても強烈な押し目買いのチャンスになるかもしれません。

私は11/24の押し目から少し戻したところで、ドル円122.5買いポジを保有していますのでドル高大賛成なのですが(123.95ターゲット、建値ストップ)。この買いポジはOCO放置のままでNFPとFOMCを迎えようと思っています(ポジが残ってればですが)。

いずれにしても12月は指標イベントトレーダーの皆さんには稼ぎ時になりそうですね。私はビビりなので指標をターゲットにしたトレードはしませんが、今年最後の大チャンスになるかもしれませんので参戦される方は頑張ってください!

スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    体験してみればわかる使いやすさで、よりよくするために進化しているのを感じます
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    通常時のスプレッドが狭く、重要指標発表時でも他社ほどガバっと開かないのが魅力です
  3. マネーパートナーズ
    FX業者のマネーパートナーズ
    約定力やハイスペックな取引環境が抜群で東証一部上場企業につきいざというとき安心です