MAスキャルピング手法研究所【FX手法公開】 | 10万円からのFXトレードで稼ぐ
FX専業トレーダーブログ

自分に合ったFXトレード手法

欧州時間にドル円でトレードしてみる

FXドル円チャート5分足20160204

本日は欧州時間にFXトレードをしてみました。最近は東京時間でしかトレードしていませんでしたが、昨日の欧州入り後の騙し上げからのNY時間引けまでのドル円チャートと、本日の東京時間の値動きを見て「昨日の再現が起こるかも?」と思いPCの前で待機しました。

案の定と言うか、16時過ぎに騙し上げのあとに下落開始したドル円でしたが、5分足チャートの200MAをローソク足が下抜けするのを待ち、17時15分に117.745でショートエントリー(OCO +30pips/-10pipsに設定)。しかし、本日安値更新アタックが1度ではいかず、調整戻りに阻まれて-10pips損切り決済。

この調整戻りが200MAを超えずに再度陰線確定したところでショートエントリー(117.754)。OCOは先ほど同様 +30pips/-10pipsに設定。今度は上手く波に乗ることができて+30pips決済。本日1勝1敗けトータル+20pipsでした。

しかし、ドル売りが止まりませんね。今朝なんか、チャートを見たときに117円台だったので「あれ、昨日の大台はいくらだったっけ?」と考えてしまうほどレートが変化していました。これで日銀マイナス金利バズーカ砲は相殺されてしまったわけですが、これからのトレンドがどうなるかですね。とりあえず明日のNFPが重要局面になりそうですが、全力で様子見します!

スポンサードリンク

 

FXトレードの手法について考えてみる

当ブログで研究している「5分足チャートを使ったMAスキャルピング手法」を、とある法人FX専業デイトレーダーさんのブログで拝見~研究し始めて丸2年以上が経ちました。正直、最初の頃は「こんな簡単な手法で勝てるのかな?」くらいにしか考えていませんでした。どちらかと言えばチャート上に多数のテクニカルインジケーターを散りばめたほうがいいだろうと思っていましたので。

でも、今では私の見ているチャートは超シンプルになりました。40MAと200MAが主でモメンタムをサブチャートに表示しているだけです(モメンタムはまず見ていないので消そうかと思っています)。あ、ローソク足もインジケーターでしたね。あとは時間足以上のチャートでPivotと値幅表示くらい。

今思えばこの手法をメインにする以前は「インジケーターを読みとることを主体としたトレード」をしていたようです。でも、どんなインジケーターでも過去の値動きを見やすく具現化しただけのものであって、決して未来予想してくれるわけではありません。大事なのは今の流れがどうなっているかを感じることであり、市場参加者がどんな心理でいるのかということ。それらを判断する上での後押しとしてインジケーターを活用することを心がけてトレードするようになってから、少しずつ利益が残せるようになってきました。

このMAスキャルピング手法が誰にでも合うとは言えませんが、もし他の手法で真剣にトレードしているが勝てないというのなら5分足チャートにローソク足と40MA・200MAを表示して、しばらく「つもり売買」をしてみるのもいいかもしれません。決して簡単にマスターできるものではありませんが、努力とセンス次第では勝てる手法になるかもしれませんので。

MAスキャルピング手法ルールはこちら

あ、くれぐれも検証はリアルタイムで行ってくださいね。バックテストは自分の心理状態(様子見しようとか、離席しているときとか)が加味されていないのでテスト結果が良好でもリアルトレードとは違う結果になりますので。

スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    体験してみればわかる使いやすさで、よりよくするために進化しているのを感じます
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    通常時のスプレッドが狭く、重要指標発表時でも他社ほどガバっと開かないのが魅力です
  3. マネーパートナーズ
    FX業者のマネーパートナーズ
    約定力やハイスペックな取引環境が抜群で東証一部上場企業につきいざというとき安心です