MAスキャルピング手法研究所【FX手法公開】 | 10万円からのFXトレードで稼ぐ
FX専業トレーダーブログ

FXトレードは大損を耐える苦行ではない

馬鹿になってロングできないトレーダー

今回はいつもと趣向を変えて書いてみます。前回のブログではドル円が上昇しそうと書いていましたが、見事に予想的中だったようです。100.43でロングしたポジションなんか利確しないでおけば今頃300pips超のお宝ポジだったのに。まあ、こんなタラレバを思っていてはトレーダー失格ですよね。

10月に入ってからはちょこちょことトレードをしていましたがドル円の一本調子の上昇にどうしても疑心暗鬼になってしまい、なかなか引っ張ることができずに微益・微損決済の連続でした。とりあえず10回ほどのトレードで100pips程度積むことができましたが、なんか苦手なんですよね、こういう一本調子な相場って。

馬鹿になってロングしているだけで儲かる相場なのになぜか強気になれないんですよね、こういうときは。ということで今回はチャート保存もせずにトレードしていましたのでチャート画像は無しです。

スポンサードリンク

 

突然のポンド急落で思い知らされた相場の怖さ

今朝のポンド急落にはびっくりしましたね。ポンドドルが31年ぶりの安値を付けたようですが、そろそろ急激なショートカバーが入ると予想してポンドをロングメイクしていたトレーダーが多くいたのではないでしょうか?

急落した原因はファットフィンガーだの中国人の損切りだの色々言われていますが、そんなことよりわずか2分余りでここまで急落する相場の怖さを改めて知らされました。

私自身はポンドが苦手なので触ることはありませんが、過去に他通貨ペアで瞬間的な乱高下に巻き込まれた経験があるのでこのような相場の急変の怖さは一応、知っているつもりでした。

しかし最近のスイスフランショックやイギリスのEU離脱決定時、そして今朝の急落を目の当たりにすると、またいつ巻き込まれてもおかしくないなと感じた次第です。

たしかに儲けるための手段として魅力的なFXトレードですが引き際を間違えると結局、損して終わるので、しっかりとした資金管理と将来の展開を見定めておく必要があると再認識させられましたね。

今夜は雇用統計ですね。私は単なる傍観者ですが、ドル円の動きには注目していきたいと思っています。

スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    体験してみればわかる使いやすさで、よりよくするために進化しているのを感じます
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    通常時のスプレッドが狭く、重要指標発表時でも他社ほどガバっと開かないのが魅力です
  3. マネーパートナーズ
    FX業者のマネーパートナーズ
    約定力やハイスペックな取引環境が抜群で東証一部上場企業につきいざというとき安心です