MAスキャルピング手法研究所【FX手法公開】 | 10万円からのFXトレードで稼ぐ
FX専業トレーダーブログ

MAスキャルピングFX手法20150429

なぜFXトレードで負けてしまうのか

FXトレードでは多くの人が損をするようです。一説によると80%以上の人が損をするとも言われているようです。もちろんその時の相場状況により異なるとは思いますが、大筋では合っていると思われます。

損をする原因は何なのでしょうか?

意外と多いのが日々のスワップを期待して取り引きしているトレーダーが、数多くいるということです。日本人のトレーダーでスワップ狙いですとAUDJPY・NZDJPYやZARJPYなどの通貨ペアで取り引きされている人が多いと思います。

スワップ狙いの場合、相場が安定している期間はいいのですが一度、円高局面に突入するとスワップ利益より評価損額が上回ってしまい、一気に大損へ向かってしまいます。

しかし、FXトレード本来の姿である売買差益を狙った取り引きでも、トータルで見ると負けている人が大半のようです。単純に考えれば半丁勝負で予想した場合、スプレッドによる損失を除けばトータルの勝率は50%に収束するはずです。サイコロの目でロングorショートを決めるなり、ロング、ショートと交互にエントリーしていっても長い目で見れば勝敗に大差はないはずです。

スポンサードリンク

 

トータルで勝てない訳

ではなぜトータルで負けてしまうのでしょうか?

トレーダーの皆さんのレベルは人それぞれです。それでも予言者でない限り、そんなには大差がないと思われます。何が原因なのか?

実は人間の心理状態が相場では負けるようになっているからなのです。今現在トータルで勝っているトレーダーの多くも、偶然、運よく勝っていただけかもしれません。あなたがもし、人間が相場で勝てない理由を把握していて、多くのトレーダーと逆のことを実践しているのなら話しは違ってきますが。

 

人間は損を重ねる動物なのか?

損を重ねてしまう心理状態とはどんなものなのか?

詳しくはFXトレードにおける損大利小の罠をご覧いただければ分かりますが、人間は皆、「損を被りたくないので損切りは遅くなる」「利益は減る前に確実に手に入れたいので早めに利益確定してしまう」傾向にあります。

このことが80%以上の人が損をする原因になっています。これらのカラクリを理解していれば半丁勝負でトレードしたとしても、トータルで勝つことができるでしょう。逆に心理状態の思うがままにトレードを続けるのであれば、どんなにテクニカル手法やファンダメンタルズ分析を追求していってもトータルでは負けてしまうでしょう。

「相場はどんな手法や分析で予想しても無駄」と言われています。たしかにその通りかもしれません。心理状態をコントロールできるように精進し、ポジションを持った後の処理を的確に行うことを重視することがトータルで相場に勝つコツなのかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    体験してみればわかる使いやすさで、よりよくするために進化しているのを感じます
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    通常時のスプレッドが狭く、重要指標発表時でも他社ほどガバっと開かないのが魅力です
  3. マネーパートナーズ
    FX業者のマネーパートナーズ
    約定力やハイスペックな取引環境が抜群で東証一部上場企業につきいざというとき安心です