MAスキャルピング手法研究所【FX手法公開】 | 10万円からのFXトレードで稼ぐ
FX専業トレーダーブログ

MAスキャルピングFX手法20150428

トレード中の心理状態はどうなっているのか?

FXのトレードって不思議ですよね。トレーニングや経験を積めば誰でも上手になるわけではありません。むしろ、始めて間もない初心者のほうが勝てたりします(その後どうなるかは分かりませんが)。どうもFXトレードは一般社会の常識ばかり追及していっては通用しない世界のようです。

ではFXトレードで通用するようになるにはどうしたらいいのでしょうか?

FXトレードなどの相場で戦うのに大切な事として心理面のコントロールがあります。しかしながら、このメンタルコントロールが難しく、相場の都合ではなく自分の都合に合わせてしまう傾向が誰にでもあるようです。

特に金銭の損得が絡むと人間は自分に都合のいいように解釈し、行動してしまうようです。

スポンサードリンク

 

ここであなたに質問です。

質問1

あなたは競馬で100万円当てました(これだけの配当を当てたのは初めてのことです)。
このまま換金して帰宅することもできますが、次のレースに賭ければ大穴的中で倍増するかもしれませんし、負けて100万円を減らすことになるかもしれません。あなたならどうしますか?

 

質問2

あなたは競馬で100万円負けています(こんな大金を負けたのは初めてのことです)。このまま諦めて帰宅することができますが、次のレースに賭ければ大穴的中で取り返すことができるかもしれませんし、負けて一文無しになるかもしれません。あなたならどうしますか?

 

人間の弱い部分を知ろう

どちらも極端な質問ですが、あくまでも心理を読むためのテストだと思ってください。

質問1の答えで多いのが「このまま換金して帰宅」です。質問2の答えで多いのは「次のレースに賭ける」です。「このまま諦めて帰宅する」人は少数のようです。

これらから分かるのは利益は早く手に入れたいが、損はなるべく認めたくないということです。利益を目の前にすると利益が増えることより減ることを心配し、損を目の前にすると損が拡大することより減ることを期待してしまうからですね。このような心理面のやっかいさが利益確定は早め、損切りは遅くという行動につながっているようです。

 

マイルールを守る大切さ

多くの人が金銭の損得が絡むと利益確定は早めで、損切りは遅めという傾向があることが分かりました。いわゆる「損大利小」です。

しかし、相場で勝ち残るためには「損小利大」であることが必要です。もちろん利小でチキン決済した後に偶然、相場が反転して「利食い千人力」になることも多々あります。

しかしそんなことがいつまでも続くことはあり得ません。しっかりとマイルールで利益確定と損切りのルールを決めて、感情を入れずに実行することが重要になることでしょう。

スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    体験してみればわかる使いやすさで、よりよくするために進化しているのを感じます
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    通常時のスプレッドが狭く、重要指標発表時でも他社ほどガバっと開かないのが魅力です
  3. マネーパートナーズ
    FX業者のマネーパートナーズ
    約定力やハイスペックな取引環境が抜群で東証一部上場企業につきいざというとき安心です