MAスキャルピング手法研究所【FX手法公開】 | 10万円からのFXトレードで稼ぐ
FXトレード結果

ブレグジット後の混乱を避けてFXトレード再開

ブレグジット混乱時はノートレードで損益ゼロ

まさかのEU離脱組の勝利で終わったイギリス国民選挙でしたが、いろんなことがまだまだくすぶっているようですね。やっぱ残留したいから再投票を!なんて声もあるみたいですし、落ち着くまでには時間が掛かりそうですね。FXトレードはブレグジットの混乱を理由にノートレードを貫いていましたが、本日やっと再開してみました。

ブレグジット後に99円割れまでいったドル円でしたが、今週の月曜・火曜はノイズが大き過ぎて自分のトレードスタイルには合わないと判断しノートレード。しかし、昨晩NY市場での102.84高値で一旦、頭打ちに見えたのでチャンスがあったらドル円ショート参戦することに。

FXドル円チャート5分足20160629

仲値通過までは様子見していましたが、仲値後からの戻りが5分足200MAを超えられずローソク足陰線確定したところで102.5から上は重そうと判断し、102.516でショートエントリー。

損切りは直近高値越えの102.6(-8.4pips)、利益目標は+30pipsで経過観察を開始。ジワジワと下がっていく感じでイメージしていたより時間が掛かりましたが安値も更新し、+30pipsに到達。とりあえず復帰第1戦は利確できました。

スポンサードリンク

 

今回のブレグジット混乱で学んだこと

それにしても24日(金)は大荒れ相場になりましたね。

ポンド円なんか27円(2700pips)近く動き、ドル円にいたっても8円(800pips)近いボラティリティと過去にない値動きだったようです。しかし、こんな鉄火場にも果敢に挑んでいたトレーダーが数多くいたようですね。たしかに一攫千金のチャンスだったのかもしれませんし、こんな祭りに参加しないでいつトレードするんだ!的な書き込みも目にしました。

でも所詮は丁半博打。今回の祭りで儲けていたとしても遅かれ早かれ、いずれは消えゆくことでしょう。今回のブレグジット混乱で祭り相場に参加すると生き残れないことが再認識できました。今後再び祭り相場が開催されても私は不参加の予定です。生き残るためにも。

スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    体験してみればわかる使いやすさで、よりよくするために進化しているのを感じます
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    通常時のスプレッドが狭く、重要指標発表時でも他社ほどガバっと開かないのが魅力です
  3. マネーパートナーズ
    FX業者のマネーパートナーズ
    約定力やハイスペックな取引環境が抜群で東証一部上場企業につきいざというとき安心です