MAスキャルピング手法研究所【FX手法公開】 | 10万円からのFXトレードで稼ぐ
FXトレード結果

月に1,000pips獲得可能なFXトレードとは

イタリア国民投票による早朝の混乱はスルー

今朝はイタリアの国民投票の影響でどの通貨ペアも乱高下していましたね。それでもレンツィ首相が辞意表明したとの報道が出た頃から落ち着きを取り戻してきたようでした。

この乱高下でドル円が2度目の113円割れから押し込まずに戻したときに「スイングの買いポイントかな?」と思ったもののスプレッドの広さに嫌気がさしてスルー。結果論ですが、買っておけばよかったみたいですね。もったいない。

MAスキャルピング手法でのトレードは欧州時間までにドル円で2回やってみました。

スポンサードリンク

 

毎日こんなFXトレードができれば月に1,000pips獲得も夢ではない?

月に1,000pips獲得可能なFXトレードとは

朝方の乱高下で113円割れを2回やったドル円でしたが、113.8付近から上は重いようで2時間以上頭打ちの状態が続いていました。

正直このときには上に行くか下に行くか全く分からずで収斂した動きが解放した方向に付いて行こうと考えていましたが、5分足の200MAをローソク足が割っていき、それまでのレンジ下限113.55も割ったところで下目線に。一度戻して200MAを超えられずに陰線確定したところで113.642ショート。

損切りは200MAに頭を押さえられたローソク足の高値より少し上の113.7(-5.8pips)、目標を+30pipsとしてそれぞれ指値/逆指値設定して様子見ですが、このトレードは昼食で離席している間に+30pipsで決済されていました。

2回目は昨日安値113.33付近でのWボトムと113.6付近で頭を押さえられているのが確認できたので113.6を超えたらロングしようと待機。欧州早出組が参入してきた頃に勢いよく113.6と200MAを超えていき、陽線が確定したところで113.625ロング。

今回は損切り-10pips、目標を+30pipsとしてそれぞれ指値/逆指値設定して様子見していましたが、それまでの本日高値付近でゴニョゴニョしそうだったので+20.1pipsで手動決済してしまいました。

そのまま放置していれば本日2度目の+30pips到達し、114円も超えていきましたが、まさかここまでショートカバーするとは思いませんでしたね。

結局、本日は2回のトレードで計+50.1pipsでした。こんな感じのトレードを重ねていけば月/20営業日として50pips×20営業日=1,000pipsですね。

話半分でも500pipsですよ。実に簡単そうなんですが現実は甘くないですね。でも移動平均線2本とローソク足だけの手法でも不可能ではないと思った次第です。またチャンスが来たらまた頑張ろおっと。

スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    体験してみればわかる使いやすさで、よりよくするために進化しているのを感じます
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    通常時のスプレッドが狭く、重要指標発表時でも他社ほどガバっと開かないのが魅力です
  3. マネーパートナーズ
    FX業者のマネーパートナーズ
    約定力やハイスペックな取引環境が抜群で東証一部上場企業につきいざというとき安心です