MAスキャルピング手法研究所【FX手法公開】 | 10万円からのFXトレードで稼ぐ
FXトレード結果

2円幅レンジを抜け出せないドル円

シルバーウィークなる5連休?が終わりました。まあ、私にはなんら関係ないことですが、祝・祭日は基本的にトレードをしない方針ですので連休中は朝と晩にチャートを確認するくらいでした。しかし、ドル円は上下ガチガチですね。8月24日の悪夢の急落後から1ヶ月余り、119~121円位で2円幅くらいのレンジ真っ最中です。

特に9月10日以降の日足を見ると、上下にヒゲが出ているのでボラティリティは出ていますが、ローソク足実体での値幅が小さく、ほとんど行って来い相場になっている日が何日も見受けられます。日足での三角持合いと119~121円での2円幅レンジに加えて、200MAが頭を抑えていますのでなかなか抜け出せないようですね。どちらかに抜ければ走りそうですが、今は決め打ちする段階ではないのかもしれません。

さて、日本時間の今朝、イエレンFRB議長が講演で「今年後半での利上げ適切の可能性」「自分も含めてFOMCメンバーの大半が今年度中の利上げを予想」と発言したことから、市場はドル買い反応を示していました。それに加えて5・10日でもありましたので、仲値後の値動きを見てトレードをするか否かを決めることにしました。

スポンサードリンク

 

1発目は損切りスタート。すかさず2発目を打ってみたが

FXドル円チャート5分足20150925

イエレンFRB議長の発言を受けて上昇したドル円でしたが、東京市場オープンから仲値決定後にかけて120.4越えを3度トライするも越えることができずに値を徐々に下げ、5分足ローソク足が40MAを割り込んできました。

5分足ローソク足6本連続陰線の後、陽線確定が見られたので120.166でロングエントリー。OCOを-10pips/+30pipsに設定して状況を見守ります。しかしながらエントリー後から再度、ローソク足陰線連続出現でこのトレードは損切り確定。-10pipsで終了です。

しかし、その後のチャート監視で今朝のNY引け値付近120.02で値動きが止まったように見え、反転を思わせるようなローソク足が出現。陽線確定後に120.082で再度ロングエントリーしてみました。

こちらもOCOを-10pips/+30pipsに設定、もし利益方向に振れた場合は120.4付近の重さに注意して裁量決済のイメージです。損益分岐点でウロウロしてなかなかはっきりしませんでしたが、40MAを上回ってからは上昇開始。心配していた120.4付近の重さは欧州勢参入での一撃?で一気に突き抜けて+30pips利益確定となりました。結局のところ本日は1勝1敗で+20pipsで終了でした。

このレンジが続くと予想して、もう少し上昇したらドル円をスイングでショートしようと企んでいますがどうなりますか。

スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    体験してみればわかる使いやすさで、よりよくするために進化しているのを感じます
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    通常時のスプレッドが狭く、重要指標発表時でも他社ほどガバっと開かないのが魅力です
  3. マネーパートナーズ
    FX業者のマネーパートナーズ
    約定力やハイスペックな取引環境が抜群で東証一部上場企業につきいざというとき安心です