MAスキャルピング手法研究所【FX手法公開】 | 10万円からのFXトレードで稼ぐ
FXトレード結果

雇用統計LIVEに参加しますか

利益決済に失敗したFXトレード

FXドル円チャート5分足20160304

昨日はなぜか114.25まで買われたドル円でしたが、欧州~NYにかけての巻き戻しで盛大に行って来いの展開に。あの一方的な買い方は何だったのでしょうか?

今朝チャートを確認したときに113.3付近からの戻りでローソク足が日足のPivotにタッチし、5分足200MA付近で揉み合い状態だったのでここから下げるだろうと判断。8時過ぎでまだスプレッドが開いた状態でしたが113.71でショートエントリー。OCOは-10pips/+30pipsに設定。

たぶん、仲値決定~12時頃まで一方的に動くのではと思っていましたが、銀行に10時30分過ぎに行く約束があったのでそれまでの勝負とすることに。

含み益が20pips付近まで乗ってきたところでそろそろ出発の時間に。このまま決済するか、OCOの逆指値を+10pipsに引き上げて最低+10pipsを確保して+30pipsで決済されるのをお祈りしながら出掛けるか迷いましたが、結局決済して出掛けることに。+20.1pipsで終了です。

で、用事を終えて帰宅後にチャートを確認。はい、昨日の安値更新まで一気に下げて+30pipsリミットを突き抜けていましたね。黒田日銀総裁の発言に反応して急落したんですね。「現時点でマイナス金利を下げることは考えていない」と。でも、この間嘘ついた形になったのでもう信用されてないんでしょうね、黒田さん。結局、OCOを+10pips/+30pipsにセットして出掛けるのが正解でした。10pips取り損ねました。

ここからの展開を考えましたが、急落後の戻りが200MAを挟んで揉みあいになっていてショートかロングか迷うところですが、急激な戻しで市場にショートが捕まっていることが予想されたのでショートは出来ず。かと言ってここからロング参戦するのもNFPを控えているので得策ではないということで本日は終了です。

スポンサードリンク

 

雇用統計LIVEで盛り上がる?

さて、本日は月に1度の米国雇用統計(NFP)発表があります。テレビに出ていたどっかの主婦の方も言っていましたが月に1度の大チャンスとワクワクされてる人もいることでしょう。

そういえば、雇用統計LIVEなるものが大流行しているんですね。JFX株式会社で雇用統計LIVEを毎回配信しているのは知っていましたが、それ以外は興味が無いのもあって知りませんでした。調べてみたら結構な数の雇用統計LIVEが配信されているんですね。FX会社だけでなくFXサークルでの配信もあったりして。

しかし、なんでこんなに流行っているのでしょうか?乱暴に言えば上に飛ぶか下に飛ぶかの予想だけですよね?単なる博打予想と、当たった、外れたで一喜一憂するのをみんなで共有したいのでしょうか。

ちょっと私には分からない世界です。でも、どんな感じか小林社長の番組を見てみようかな。トレード参戦はしませんけどね。

スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    体験してみればわかる使いやすさで、よりよくするために進化しているのを感じます
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    通常時のスプレッドが狭く、重要指標発表時でも他社ほどガバっと開かないのが魅力です
  3. マネーパートナーズ
    FX業者のマネーパートナーズ
    約定力やハイスペックな取引環境が抜群で東証一部上場企業につきいざというとき安心です