MAスキャルピング手法研究所【FX手法公開】 | 10万円からのFXトレードで稼ぐ
FXトレード結果

12月最初のFXトレードは目線がズレまくり

12月のFXトレードはマイナスでスタート

さて、早くも12月に入りました。昨日までは本邦輸入勢らしい怒涛のドル買いが入っていましたが、月が変わって爆買いも収まったようです。しかし今朝にはドル円が114.8付近まで高値を伸ばすなどまだまだトランプ相場が続くようにも見えます。

とりあえず今日はドル円ロング方向で目線を固定し、チャンスを待ってみましたが、そもそも目線が今日の相場には合っていなかったようです。

12月最初のFXトレードは目線がズレまくり

都合2回、ドル円をロングしてみました。最初のトレードは114.45付近がサポートとなって5分足40MA上でローソク足が推移していき、再度114.8付近の高値を試すのではと踏んでのエントリーでしたが、値動きが怪しく、また見当違いだったようなので、逆指値-10pipsが掛かるのを待たずに-7.3pipsで損切りして終了しました。

手動決済しなかったら逆指値 -10pipsを通過してたので少しでも損失を抑えられたのは良かったですが、そもそもここでエントリーするべきではなかったようです。

2回目は前日のNY時間安値114.1付近がサポートとなり、5分足200MAに近づいたところでの反転を期待してロングエントリーしてみました。少し早くエントリーし過ぎたようで-8pipsほどまで押し込まれましたが逆指値に掛からず反転開始、含み益が+20pipsを超えた時点で逆指値を建値に移動して様子を見ましたが、一気に含み益がなくなり建値決済で終了。

114.35付近まで上げたのは下げるための上げだったようで一気に200MAを割り込んで113.8付近まで下げていきました。ただ、このトレードも損失を最小限(ゼロ)に抑えられたので、そういう意味では良かったのかもしれません。

結局、本日は1敗1分でトータル-7.3pipsでしたが、目線がズレていなければ(ショート目線であれば)5分足200MA上でローソク足が推移している間は様子見してたわけなので無駄なトレードをしていたようです。

スポンサードリンク

 

損失をいかに抑えるかの試行錯誤を繰り返しているが

最近は逆行した場合、逆指値のポイントまで待たずに、違ったなと思ったときに切るように心がげています。まだデータを取り出してからの回数が少ないので何とも言えませんが、そのまま逆指値に掛かるまで放置した場合と比較して損失が半分程度になっているのでなんとなく効果はあるようです。

もちろん早い段階で損切りすることによりもう少し持っていれば利益に繋がったトレードもありますが、純利益で見ると早い段階で損切りを重ねたほうが少し良いようなので、このまま試行錯誤を続けようかと思っています。

どうも最近、含み損が出始めると耐えられないんですよね。イライラとは違うんですけど、マイナス表示を見ているのが耐えられなくなってきました。歳をとったせいですかね。

スポンサードリンク

コメント

  1. 含み損を見るとイライラする。
    あるあるですねw
    私もストップ・リミットつけて他の作業してるのにも関わらず、
    気になって見てしまい、含み損だったりするとストップ来る前に
    カットというのはよくあることですw
    歳を取ったというのも一理ありw

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    体験してみればわかる使いやすさで、よりよくするために進化しているのを感じます
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    通常時のスプレッドが狭く、重要指標発表時でも他社ほどガバっと開かないのが魅力です
  3. マネーパートナーズ
    FX業者のマネーパートナーズ
    約定力やハイスペックな取引環境が抜群で東証一部上場企業につきいざというとき安心です