MAスキャルピング手法研究所【FX手法公開】 | 10万円からのFXトレードで稼ぐ
FXトレード結果

FXトレードで勝って利益確定で負ける方法とは

ギリシャ勝利宣言←何に対して?

ギリシャの国民選挙が終わり開票結果が出ましたが、結果はNOが過半数で緊縮案の受け入れ反対。チプラス首相が勝利宣言!?能天気は政府(特に首相)だけかと思いましたが、国民もそうだったようで。

ギリシャ人には何人か知り合いが居ますが、総じて彼らは真面目で熱心の印象を持っています。たしかに日本人よりは楽観的で大らかな部分もありますが、普通に付き合える外人さんと思っています。最近は彼らに会う機会がありませんが、もし会えたら今回の一連の騒動の件を聞いてみたいですね。でも、もしかしたら、もうギリシャを飛び出しているのかもしれませんが。

さて、市場のほうはユーロドルはもちろんのこと、ギリシャ問題のリスクオフを受けてドル円、日経平均も大きな下窓を開けてスタートしていました。

スポンサードリンク

 

トレードは成功。でも、利益確定でミスをして取り逃がす

FXチャート20150706

早朝、70pipsほどの下窓を開けてスタートしたドル円でしたが、121.9割れまで突っ込んだ後に反転、10時30分すぎには窓埋め完了となる122.7まで戻していました。

しかし、5分足チャート上では200MAで戻りを止められた感じのようです。これは200MAを明確に上回らなければ下落のパターンかと判断し、10時35分の陰線確定を待って122.597でショートエントリーしてみました。OCOは+30pips/-10pipsに設定で、損切りの想定は-10pipsです。

ところが、エントリー後に下がる気配がなく戻り始め、再び200MA越えにアタック開始。損切りまで0.3pipsまで迫りましたが、なんとか回避できたようでジワジワと下落開始。含み益が+15pipsほどになり、これは勝ちかな?とほくそ笑んでいたら・・・突然の約定音です。なんで?まだ+30pipsに届いていないんですけど?

約定履歴を確認してみたら+20pipsで決済されていました。あっ!と思ったのも後の祭り。OCO設定のときに逆指値(建値-10pips)から30pipsの122.397に指値を設定していたようです。(建値から+20pipsと言うことです)

やってしまいましたね。大ポカです。再エントリーしようと思いましたが、得てしてこういうときは利を削ることが多いので断念。でも、その後しっかりと目標の+30pips地点まで達しましたが。

ちゃんと確認しなかった自分が悪いのですが、勝ちトレードなのに負けた感が強い終わり方でした。確認は大切ですね。

スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    体験してみればわかる使いやすさで、よりよくするために進化しているのを感じます
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    通常時のスプレッドが狭く、重要指標発表時でも他社ほどガバっと開かないのが魅力です
  3. マネーパートナーズ
    FX業者のマネーパートナーズ
    約定力やハイスペックな取引環境が抜群で東証一部上場企業につきいざというとき安心です