MAスキャルピング手法研究所【FX手法公開】 | 10万円からのFXトレードで稼ぐ
FXトレード結果

MAスキャルピングFX手法20150430

米国GDPとFOMCで動いた流れを引き継ぐのか?

昨日の東京市場は祝日モードで凪相場でしたが欧州オープンからUSDJPY・EURUSD共に上昇開始、21:30の米国国内総生産(GDP)の結果が予想比よりかなり悪くUSD売り反応。しかしなぜか行って来いに。

その後FOMCに向けてじわじわとUSD売りが続き、EURUSDは1.1187付近まで強烈なショートカバーで戻していました。FOMC声明で「冬場の景気減速は一時的な要因を反映」と出たことで一転、USD買いに。USDJPYは50pips、EURUSDが100pipsほどUSD買い方向に反応しましたが、その後は揉み合いで東京市場にバトンタッチしていました。

本日は日銀の金融政策決定会合の結果が発表されますが、大方の予想は据え置きのようです(私自信もサプライズはないだろうと勝手に想像していました)。また、今朝から日経平均が下げており、USDJPYも下げ基調。エントリーサインの点灯を待ちました。

スポンサードリンク

 

USDJPYでショートエントリー。勝利を確信していたら・・・

20150430FXチャート

東京市場オープン時に5分足チャートのローソク足が200MA下に潜り込み、仲値決定後も大きな動きがありませんでした。
40MAも200MA下に下がってきたので118.965でショートエントリーしました。損切りは-10pipsとしOCOを+30pips/-10pipsに設定です。

しばらく揉み合いましたが程なくして下落開始です。11時半前に急な用事でチャート前から離れることになりましたが、含み益+15pipsほどあるし大丈夫だろうと判断し、ストップを建値に移動してPC前から離れました。

用事を終えて13時半頃にチャートを見たら前日安値を割っていて「これは+30pips獲れたな」と思いながら取り引き履歴を見たら-0.5pips???なんと、日銀発表が遅いことに業を煮やした短期筋が買い戻した(との噂)ときの戻りで建値決済(オマケに-0.5pipsの滑り付き)されていました。見事にヒゲ先端での狩られでした。

狩られた後に大陰線での下落~目標利益確定値到達でしたので、今日はつくづく相場とタイミングが合わなかったようですね。たしかにチャート前から離れるときに決済しておくべきだったとか、ストップを建値移動しないでおけばよかったとか後から見れば考えられますが、最小限のリスクで最大の利益を狙った結果での建値決済でしたので仕方ないかなという感じです。「含み益は幻」を再認識したトレードでした。

今月のトレードはこれで終了です。また来月も生き残れますように。

スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    体験してみればわかる使いやすさで、よりよくするために進化しているのを感じます
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    通常時のスプレッドが狭く、重要指標発表時でも他社ほどガバっと開かないのが魅力です
  3. マネーパートナーズ
    FX業者のマネーパートナーズ
    約定力やハイスペックな取引環境が抜群で東証一部上場企業につきいざというとき安心です