MAスキャルピング手法研究所【FX手法公開】 | 10万円からのFXトレードで稼ぐ
MAスキャルピング手法の疑問質問に回答

MAスキャルピング手法の疑問質問に回答

FX初心者の戦略に関する質問

FX初心者ですが損してばかりで悩んでいます。FXトレードの勉強をするためにデモ取引を3ヶ月ほどしましたが、割りと簡単に証拠金を2倍にできました。

自信がついたので10万通貨で実際のFXトレードを開始しましたが、連敗続きでほとんど勝つことができず、証拠金が1/3に減ってしまいました。

デモ取引では勝てたのに実際のトレードで勝つことができないのはなぜですか?

デモ取引と実際のFXトレードでは架空の資金と実際の資金の違いがあるので心理状態やプレッシャーが全然違います。

安定して勝てるようになるまではもっと少ない取引量でトレードを重ねましょう。

スポンサードリンク

 

デモ取引はあくまで架空の取引なので実戦とは異なる

FXを始めるにあたって書物やサイトで勉強すると思いますが、ほとんどのFX指南で入門者はデモ取引でトレードの勉強を重ね、勝てる自信が付いたらリアルトレードを開始しましょうと書いてあります。

そのためか多くのFX入門者がデモ取引を経験してから実際のFXトレードに移行しますが、デモトレードで勝てた人ほどリアルトレードで負けてしまうようです。負ける理由は簡単ですね。デモ取引は架空の資金での取引だからです。

誰でもそうだと思いますが、お金は命の次に大事なもののはずです。お金を賭けていれば勝ちたいと思う心理が負けて損したくないという心理を上回り、デモ取引のときにはあんなに素直に見ることができたチャートも、実際のお金を賭けていると自分の都合のいいようにチャートの動きを捉えるようになってしまいます。

偉そうに書いていますが私も典型的なデモ取引巧者でした。デモ取引のときには含み益が発生したポジションはできるだけ利益を伸ばしてから決済し、意に反して含み損が発生したポジションは素早く損切りしていました。今思えば最も理想的なトレードをしていたのかもしれません。

しかし実際のトレードは別物です。含み益が発生すればすぐに利益確定、含み損を抱えたポジションはなかなか決済せず戻るのを願って耐えるだけ。いつか建値に戻るだろうという根拠のない自信が損失を拡大させてしまったことが一度や二度ではありません。

こうなると損小利大ではなく損大利小です。トレードを重ねれば重ねるほど証拠金が減っていき、損をするためにFXトレードをやっているような感じでした。

スポンサードリンク

 

実際のFXトレードでは安定して勝てるまでは取引量を小さくする

人により損失許容量が異なりますが、損をするときにはできるだけ少額のほうがダメージが少ないはずです。1万通貨でトレードした場合、10pipsで損切りするとしたら1,000円の損失です。このくらいなら損してもあまり影響がない人が多いのではないでしょうか?

まずは損しても大丈夫な金額を基に取引量を決め、トレードを積み重ねていきましょう。もし安定して勝てるようになったらロット数を徐々に増やしていけばいいのです。最初から勝てることを前提に取引量を決めるのではなく、損することを前提に取引量を決めておけば心理的に落ち着いて平常心でトレードをすることができます。

証拠金の1~2%で損切りするように取引量を決めるとFX指南に書いてありますが、鵜呑みにするのは考えものです。10万円の証拠金の場合、失うことが絶対に許されない10万円と無くなってもなんともない10万円とでは1~2%の損切りでの心理的なダメージがまるで異なります。

証拠金の金額を基準に損切り額を決めるのではなく、損しても問題がない損切り額を基に取引量を決めるようにすれば安心してトレードができます。

質問者さんの10万通貨はFX初心者にしては多過ぎだと思います。まずは1万通貨(1,000通貨でも良い)で安定して勝てるようになることを目標にしてみましょう。儲けることを考えるのはそれからですよ。

スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    体験してみればわかる使いやすさで、よりよくするために進化しているのを感じます
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    通常時のスプレッドが狭く、重要指標発表時でも他社ほどガバっと開かないのが魅力です
  3. マネーパートナーズ
    FX業者のマネーパートナーズ
    約定力やハイスペックな取引環境が抜群で東証一部上場企業につきいざというとき安心です