MAスキャルピング手法研究所【FX手法公開】 | 10万円からのFXトレードで稼ぐ
MAスキャルピングFX手法トレードルール

MAスキャルピング手法FXトレードを見送り

FOMC通過後のUSDJPYの値動きはどうだったのか

昨日深夜(本日早朝)はFOMC議事録の発表がありました。

FRBの利上げ時期がいつになるのかは未だに意見が分かれているようです。

タカ派とハト派、それぞれの意見を述べているようですね。

NY連邦銀行総裁は6月利上げの可能性については排除すべきではない。しかし、経済状況次第だと述べているようですし。

利上げのペースは緩やかであることを望むのが大方の意見のようです。

6月の利上げを含め、利上げ時期についてはあくまで経済指標なので市場の思惑も右往左往しそうですね。

さて、昨夜のFOMC発表後、USDJPYは50pips幅程度で乱高下しましたが、その後120.1付近で東京時間にバトンタッチし、9時20分頃から上昇し120.37付近に達しました。

20150409FXチャート

スポンサードリンク

 

FXトレード見送り。その訳は?

その後、11時40分過ぎに再び120.38付近に達したUSDJPYでしたが5分足、連続陰線で下落し、40MAにタッチして戻り始めました。

MAスキャルピング手法のロングエントリーサインが12時30分に点灯しましたが、今回は見送りしました。

ではなぜ見送ったのでしょう?

・40MAと200MAの乖離が少し大きいのが気になった。
・4月7日の高値120.44とその上の120.5がまだ重いと感じた。
・日経225が20,000円目前で足踏みしていて一旦、下げそうに見え、USDJPYも連れ安になりそうに思えた。

これらから今回のエントリーサインは見送ることにしました。

 

もしロングエントリーしていたらどうなっていたのか

12時30分に120.32でロングエントリーしていたらどうなっていたでしょうか。

損切りを40MAにタッチしたときのローソク足安値下、120.25に置いたとしたら13時20分過ぎに損切りストップに掛かりました。(-7pips)

10時20分の安値下、120.2に損切り設定したとしても14時5分過ぎに損切りストップでした。(-10pips)

どちらにしても損切りストップでした。

もし、損切りせずにお祈り?していれば建値に戻りましたがそれはナシですね。

今回は見送りで成功でした。見送りではなく逆張りでショートの可能性も考えられますが、今回は場の雰囲気が明確なトレンドがまだ出ないように感じたので見送りを選択しました。テクニカル判断はもちろんですが場の雰囲気も意外と重要ですね。次のチャンスを待ちましょう。

スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

おすすめのFX業者

  1. JFX
    FX業者のJFX
    体験してみればわかる使いやすさで、よりよくするために進化しているのを感じます
  2. 外為ジャパンFX
    FX業者の外為ジャパン
    通常時のスプレッドが狭く、重要指標発表時でも他社ほどガバっと開かないのが魅力です
  3. マネーパートナーズ
    FX業者のマネーパートナーズ
    約定力やハイスペックな取引環境が抜群で東証一部上場企業につきいざというとき安心です